スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一か月遅れの2008年総括

2009年02月02日 01:22



あずささん 俺だー! 結婚してくれーーー!!!


はい、そんなわけで、2008年はアイマスとニコニコ動画尽くしの年でした。 ・・・以上!
や、ホントそれ以上書くことがないというか、それだけアイマス&ニコマスオンリーだったような気がします。
年越しも当然のようにニコマス年間ランキングを見て過ごしたしな!

そして年を越してからもアイマス&ニコマス愛は止まることを知らず、現在は↓に夢中。



もう好き過ぎて時間さえあれば何度でも見てしまう傑作中の傑作。
わかむらPの作品に出会わなければ、正直ここまでアイマスにハマることはなかったと断言できる。
それ程わかむらPの宣伝効果は偉大だと思わずにはいられない。まさに「振り込めない詐欺」のタグ理解。

…とまぁ、本当にニコマスばかり見ていたので、
せっかくだから私的にイチオシな2008年のニコマスをいくつか紹介してみる。




まず、真っ先にでてくるのがこれ。もうひたすらに「熱い」の一言。
歌とダンスのシンクロ率、カメラワーク、そしてきちんとストーリーになってる演出など、全てが素晴らし過ぎ。
これの高画質版が見たいがためにプレミアムになってしまったほど、思い入れの強い作品です。



続いて謎の技術で日の目を浴びたエッチウーマンこと小鳥さんの魅力と妄想がたっぷり詰まった作品。
小鳥さんの可愛らしさもさることながら、ののワさんの表情もまたステキだったり。



そしてののワさんといえば外せないのが以前にも紹介したこれ。
もうPVとしか思えない究極の映像美と春香の無限の可能性にとても衝撃を受けたのだわ。



そしてもう一つ、同じ春香でも↑とは180度印象が違う作品がこれ。 
愚民たちがひれ伏す圧倒的な存在感はまさに閣下の呼び名に相応しい。惚れ惚れなのだわ。



感動系の作品の中でも特に好きなのがこれ。
歌、演出、画質、三拍子そろったまさに神作品。ニコマスで泣けたのはこれが2作目なのだわ。
ちなみに初は桃邪気Pの「隣に・・・ 三浦あずさ(MA07販促)Ver.Final」、3作目がwhoPの「二人のMEMORY。



名作揃いのわかむらPの作品のなかで一番好きなのがこれ。
最後まで雪歩 寝・逃・げでリセット!PV風R2と悩みましたが、爽快感の面で
こちらをチョイス。 ・・・け、決して真がメインだからという理由だけではn(ry



ゆりしー大勝利! ゆりしー好きとして一票。
…というか普通にゆりし―版の方が好きかも知れないのだわ。





ロリヲタとして外せないのが↑のロリトリオ3作品。
どれも大好きな作品ですが、敢えて順位をつけるならやはり上から順に。
シンクロの『LOVE&JOY』、見てて楽しい『tout, tout pour ma chérie』、可愛さの『ふぃぎゅ@メイト』、
どれもロリコンを自覚できる破壊力を備えているのだわ。



シンプルイズベストな作品。
派手な演出を加えていないのに、曲のよさ、雰囲気をうまく表現できている良作。
原作ファンの自分からみても納得の出来なのだわ。それだけに埋もれているのが非常に惜しい。



茅原千早実里』、それ程違和感のない驚異胸囲の歌とダンスのシンクロ率はもはや芸術。
演出にこだわらず、シンクロだけでこのクオリティは流石の一言。



数多くの良作ニコマスの中でも、もっとも「凄い」と思ったのがこれ。まさに圧巻。
もうこの作品にはとてつもない執念と愛に満ち溢れているのだわ。恐るべき再現度。
そしてそれを再現しきるアイマスの凡庸性の高さに改めて感心した。


■↓以降はマイリス5Kオーバーな有名作なのでコメントは割愛で。どれも素晴らしい作品なのだわ。













…と、アイマス&ニコマスに興味がない人にはどうでもいいような内容になってしったためこれにて終了。
これでも結構削ったんだけどなぁ…。アニメ&ゲームについては次回更新時にでも。
ちなみにエロゲ熱がだいぶ復活してきているので今年はプレイ&感想数を増やすのが目標です。


~拍手~
>明けましておめでとうございます、今年一年もいいゲーム年にしましょう。
>と、挨拶もそこそこにして、Dies iraeの完全版情報が出ましたか!
>一年近く音沙汰なかったので半ばあきらめ気味でしたが、ようやく動きがあったんですね。
>つってもどうせ追加も微妙なんだろ…とかやや斜に構えてもいたんですが、
>全編正田さんと聞いては滾らずにはいられない!
>愚かかもしれませんがもう一度だけ、信じてみたいと思います。……というか普通に楽しみすぎて困る(笑。
>ちなみに駅伝ですが、わが母校は33年ぶりに出場し、無事ゴールを果たしました。
>順位は振るいませんでしたが、それでも嬉しかったです。長文失礼いたしました by堕落人

堕落人さんオッスオッス。今更ながらあけましておめでとうございます。
ある書籍を読み、ゲーム熱が復活したので今年はどんどんエロゲを消化していきたい所存です。
そして待ちに待ったDiesの情報がついに公開されましたねー。
俺が言いたいことはまさに堕落人さんがお前は俺か!とばかりに仰ってくれていますので後は待つのみ。
それにしてもwktkが止まらない! そして堕落人さんの母校はあちらなのですね~。
あまり大学には思い入れがなかったのに、活躍した時だけはやはり嬉しくなる不思議なのです。

>今年も面白い記事書いてくださいな!「絶望した!」だけなんてしませんよねェ?
激しすぎるツッコミに絶望した!
面白い記事が書けるかは分かりませんが、今年は去年より確実に更新回数を増やしたいと思ってはいます。
そう、『思っては』いるのです・・・。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。