スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲報に嘆く日々

2009年12月23日 23:27

エロゲが好きだ。

というかエロゲの女の子が好きだ――

あのキラキラした瞳が好きだ

やわらかそうなホッペも好きだ

ぷにぷにのバディも魅力的なアホ毛も好きだ

そしてほんわか或いはゆるゆるの脳みそも好きだ

ツンだろうがデレだろうが好きだ

メガネだろうがおさげだろうが好きだ

幼馴染だろうが委員長だろうが好きだ

ニーハイだろうがツインテールだろうが好きだ

そしてそんなステキな子達がなんでかパッとしない主人公に恋してしまう

そんな感じが 大好きだ


そしてそんな主役に私はなりたい――――!!!!


・・・


そんなわけで上記はある漫画の一文を抜粋したものですが、実に素晴らしい名言だと思わずにはいられない。
きっとこの想いには数万人くらい賛同してくれると思うんだ、うん。




はい、どうでもいい挨拶はさておき、この一カ月は公私にわたりいろいろあって更新する暇が全くありませんでした。
まぁ仕事が忙しかったというのが大半なんですけどね。先週なんて3日連続で会社に泊まるハメになったしな。
会社を23時に出て1時に戻ってくるとかそんなのばっかりだったので。しかもありえないサービス残業。
ホント勘弁していただきたいものです・・・。

そしてこの一カ月の間に様々なニュースがありましたが、
その中でも私的には阪神・赤星引退とLittlewitchの無期限休止の2つの悲報がショックすぎる。
前者はもう俺にとって阪神=赤星というほど特別且つ一番好きな選手だったのでこの件については残念で仕方ない。
暗黒時代の唯一のスターだった新庄が抜けて、楽しみが全くなくなると思っていた矢先に彗星のごとく現れたレッドスター。
あんな小さな体の選手が入団会見で「新庄さんの穴は僕が埋めます」と言った時にはただのビックマウスかと思いましたが、
その後の活躍はもはや言わずもがな。新庄の穴を埋めるどころか、阪神を変えるほどの選手にまでなってくれるとは。
2度の優勝に5回の盗塁王、6度のGG…たくさんの夢を感謝せずにはいられない。
毎年3割を期待できる打撃に盗塁王とゴールデングラブが常連な足と守備。まさに走攻守3拍子揃った名選手だった。
リーディングバッターに求められる全ての要素を兼ね備えたまさに最高の1番バッターだったと思う。
引退は凄く悲しく寂しく残念だけど、ありがとうとお疲れ様と心から言いたい。
10年に一人の快速選手をリアルタイムで応援できた俺は幸せでした。赤星、9年間本当にありがとう!
最後に、生涯3本しか打っていない赤星のHRの1つを神宮で見られた俺は幸運だったと思わずにはいられない。

ちなみに後者については俺がエロゲを一度引退するきっかけを作ってくれたブランドなのでこちらも残念で仕方ない。
リトルウィッチといえば、大槍葦人氏の魅力的な絵はもちろん、
白詰草話のFFDという斬新なシステムで我々の度肝を抜いたことは記憶に新しい。
今でこそゲームジャンルによって様々な演出がなされていますが、当時は普通のADV形式が当たり前な時代だったので
初めてFFDを体験した時の衝撃と興奮は今でも胸に残っています。
そのあまりの素晴らしさに感動して当時エロゲにマンネリ感を覚え飽き飽きしていた自分が
これさえプレイすればもうエロゲで思い残すことはないと思えた作品こそが2作目のQuartett!だったので。
そんな大好きな作品を作ったメーカーが無期限休止となるのはやはり残念の一言。
まぁ幸い、無くなるわけではないし、大槍氏もゲームを作る情熱は全く失っていないと言っているので
いつの日かまたリトルウィッチが活動を再開する日が来ると信じて待つのみなのだわ。
ちなみに一度引退したエロゲを再びプレイする気にさせてくれた作品がDies iraeなのは言うまでもない。


■Dies irae
新OPとかラジオとかカウントダウンボイスとかいろいろと書きたいこともありますが、
タイミングを逃してしまったので泣く泣く割愛。すでにパッチ組の方々はプレイしている真っ最中だと思いますが、
自分は今回も仕事の関係があったためプレイは金曜からになりそう。それまではひたすら我慢なのだわ。




そしてDiesプレイの我慢という拷問に耐えるべく購入したのが


最近漫画すら積むという話をjadeさんにしたらありえないと素で言われたので積んである分はさっさと消化せねば。
しかし、相変わらず「こえでおしごと!」は一般紙でやる内容を逸脱していると思わずにはいられない。
もうどう考えても、・・・というよりどこから見ても普通のエロ本にしか見えないからな!
ちなみに作中で作者の同人誌が出てきたりしますが、この本には一体何度お世話になったことか…。
今も実家で大切に保管もとい実用させて頂いているのだわ。

そしてその「こえでおしごと!」より断然エロいのがこちらも一般紙で掲載されている「変ゼミ」。
こちらはもうそんじょそこらのエロ漫画なんかより全然エロいというか、内容が相変わらず変態すぎる。
こんなものを小中学生が読んでしまうかもしれないと思うとさすがにどうなのかと思わずにはいられない。
絶対悪影響出るだろうしな。教育上実によろしくない。・・・まぁ俺は大好きだけどな!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。