スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~closing chapter~ 千晶ルートクリア

2012年01月21日 20:20

ホワルバ2~closing chapter~ですが、ようやく1ルート、千晶だけをクリア。
普段なら読むのが遅いのに加え、アニメの視聴に時間を取られるのでもっと時間がかかる予定でしたが、
ホワルバ2のせいで今年に入ってからアニメを全く見ていないので休日は思う存分プレイできていたり。
まさかこの数年間の休日のメインであったアニメをあっさり遠ざけるほどハマることになろうとは…。

それで~closing chapter~のほうですが、正直、プレイ前までは新ヒロイン達にスポットが
当たることなんてあるのかと懐疑的に見ていましたが、実際はその真逆で必要不可欠な存在だったと実感。
彼女らがいなければ春希はずっと自分を許せないまま、罪の意識に囚われたまま、
雪菜との関係も変わることなく、きっと毒にも薬にもならない学生生活を終えていたことでしょう。

しかし、それでは意味がない、面白くないと言わんばかりに用意された刺激が新たなヒロイン達であり、
今回はその一人である千晶ルートをまずクリア。
その彼女との物語は共通ルートという名のノーマルエンドを先に見た自分からすれば、
個別ルート入ってから初めて明かされる彼女の正体に春希同様、終始振り回されっぱなし。
そして彼女の凄みすら感じる演技に圧倒されっぱなしでした。
シナリオも序盤のまったり感とはまるで違うメリハリの効いたものだったし、
何より雪菜との絡みが多くて非常に考えさせられる話だった。

しかし、雪菜は本当に強いな…。
強すぎるが故に自分を苦しめてるのに、それでも想うことをやめない。
どんなに傷ついても痛みに耐える。諦めない。
この度を越しているとも思えない一途さ、純粋さがたまらなく愛おしい。

愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!
愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!
愛ゆえに・・・


普通ならとっくに聖帝様化していてもおかしくはないだろうに。


そんなわけで千晶と雪菜の対比がメインだった千晶シナリオでしたが、今回一番胸を打たれたのは、
雪菜のことを想うがあまり感情を爆発させた依緒にだったりする。イイ女過ぎるだろ。
あのシーンでは中の人の演技にも言及せずにはいられない。引き込まれた。

さて、とりあえず一人クリアしたのはいいものの、まだかずさが全く関わっていないという現実を見ないと。
歌を忘れた偶像でメインであった友近君もノータッチだしな。まぁメインディッシュは最後の楽しみにとっておくとして、
今は先にオードブルというにはあまりに豪華な上司と後輩を堪能してこようかと。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。