スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ 第4話「惑いのフレイムヘイズ」

2005年10月29日 08:10

遊び⇒飲み⇒徹カラの後の更新故、かなりいい加減ですがキニシナイ方向で。




徒とフレイムヘイズの気配がごちゃ混ぜで目的の“屍拾い”をうまく見つけることができない
マージョリーは、島荒らしなど関係なく広範囲を探る自在法を使用する。
これに気付いたシャナは、迂闊に応対すると戦いになることが分かっていながら
目的を探るために相手の元に向かい、マージョリーは封絶を展開して待ち構える。
そして2人のフレイムヘイズが相対す。


[ 灼眼のシャナ 第4話「惑いのフレイムヘイズ」]の続きを読む

SoltyRei 第3話「青の少女」

2005年10月21日 22:49

友人に頼まれまして、明日久しぶりに草野球の試合に出ることに。
草野球といっても友人が所属するのは結構まともなチームなので緊張していたり。

というか、最近アニメばかり見ていて全く運動をしていなかったので
まともに動けるかどうか激しく疑問だったりしますが(苦笑
多分やるのは外野だと思うのでボールが飛んでこないのを祈るのみです。
あ、でも久しぶりなのでやっぱりピッチャーが一番やりたいかな。
試合ぶち壊すのが何よりの快感だし!(マテ

でもそれより問題なのが開始時間が2時からだということ。
試合が延びたら日本シリ-ズに間に合わないという危険が。

やはりピッチャーはやらない方がいいようですw
まぁとりあえず足を引っ張らない程度には頑張ってこようかと。


[SoltyRei 第3話「青の少女」]の続きを読む

SoltyRei 第2話「新しい朝。」

2005年10月16日 09:32

SoltyRei面白い!
ストーリーが良いのはもちろんですが登場キャラがみな魅力的でいい感じ。とくにロイ!
一見したところクールで硬派なイメージがありますが…



実は素晴らしいツンデレキャラだということが判明w
そんなわけで今回はロイのツン時とデレ時の行動をまとめてみました。


※ツンモード


       ソルティの服を選ぶ際にどれがいいかと聞かれてもそっけない態度をとる


※デレモード


普段はそっけなくてもソルティが危険な目にあうと真っ先に駆けつけて心配


※デレモード



ソルティがスパイ疑惑をかけられ酷い扱いを受けると、女の子なんだから乱暴に扱うな!と擁護


※ツンツン


スパイの疑惑が晴れたがソルティは未登録市民のため誰かの保護が必要。
しかしロイは保護する気はないと冷たく言い放つ。


※デレかけ



そして翌日、保護局がソルティを引き取りにくる。
ロイは保護局に任せるつもりだったがミランダとカーシャの悲しむ姿を見て思い直す。


そして保護局へ向かった車を先回りしてソルティを連れ戻しに。


落ち込んでいたソルティはロイが来てくれたことに大喜びで抱きつく。めでたしめでたし。

ちょwwロイさんマジツンデレwww
あれだけ冷たく接しておきながら最後にあんな行動をとるなんてまさにツンデレの鑑ですね。


見てください、このソルティの笑顔を。
完全にロイにメロメロです。一生あなたについていくって顔してます。
もうロイのためならどんなことでもしてくれそうです。
きっとこれから肉奴隷化していくのでしょう。ロイさん・・とても鬼畜です・・・

…まぁ、冗談はともかく今回は本当にいい話だった。
アクションシーンも見応えがあるし今後の展開が実に楽しみ。




最後にどうでもいいことですが、


       SoltyReiのシルビアが


アルティメットガールのビビアンに見えて仕方ないw

灼眼のシャナ 第2話 「灯る炎」

2005年10月14日 22:51

前回伏線をばら撒くだけばら撒いて終わったので予想通り今回はその補完が大半でした。

まだ状況を理解できない悠二に事の次第を説明するシャナ

「あんたはもう残りカスなんだからね、わかった?」       「な、なんてこった・・・」


 そこへ存在が薄くなったトーチが消失する 



    「あなたもああやって消えていくのよ」             「そ、そんな・・・」



真剣に悩む悠二をよそにシャナは大好きなメロンパンを購入

     うはww背伸びしてるwwww                「いただきま~す」

カリカリモフモフうまうま

          「はむっ」                      「ん~っ、しあわせ~♪」

食べる食べるひたすら食べるw

         「な、なによ?」             「欲しいっていってもあげないんだからね!」  

結局夜になっても一人でひたすら食ってましたww


そして翌日、登校する平井さんを発見

       

すかさず追いかける悠二

        「平井さん待ってー」 


            …ん?

       平井さんってb ウボァー


ああ…、平井さんが!




先週はあんなにも素敵な笑顔を見せてくた平井さんが!





い、今はこんなにもっ!

こんなにも…

こ、こんな……、



           「うふっ♪」




いや、これはこれで電波っぽくていいかもな!



放課後は3人で遊びに

   嗚呼…だんだん可愛く見えてきたw          虚ろ目がとても・・ステキです・・・。


しかし存在はだんだん食われていき

悠二の叫びも虚しく消えてしまう


そして存在すらなかったことに



平井さんが存在が消えるまでのこの描写は原作に書かれていませんでしたが、
存在が消えるということの孤独さが伝わってきて非常に良かったです。
でも平井さん(´・ω・`)カワイソス


そして来週は早くも姐さんが登場

すでに原作とは展開が変ってきているので今後どうかかわってくるか非常に楽しみ。


    この2人との関係も見逃せません


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。