スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wktk限界突破

2009年07月11日 20:03

Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft- Flashプレムービーver.4公開!




求めていたものがある…。

そう在って欲しいと願い続けた―。

しかし、その望みはこの手から零れ落ちた。





絶望、失望、怒り、嘆き。

願いはいつしか呪いに変わり、あらゆる負の感情へと至った。

希望などない。残ったのはただ絶望だけ。

期待が裏切られた時、男は深く理解した。

ああこの世に、神などいないと。





しかし、それでも――、

百度繰り返し叶わぬのならば、千度繰り返し願えばよい。

千度繰り返し叶わぬのならば、万度繰り返し願えばよい。

未来永劫、永遠に、叶うまで願い続けることを誓えばよい。





絶望の底にありながらも男はひたすら願い続けていた。

そう、だからこそ震えが止まらない。全身が総毛立つ。





遥か昔に捨て去ったはずの願いが、まもなく成就されるのだから。

かつて求めていたものが、さらなる高みへと昇華して―。





あの日の願いも、あの時の絶望も。

今なら全て理解できる。

私はこの時だけを求めて、この無限の牢獄に耐えてきたのだ。




では、いざ参らん。 新たなる祝福の天地へ。








既にプレムービー4を30回は見ただろうか・・・。
何度見ても飽きないどころか、見れば見るほどwktkは膨れ上がるばかり。
それほど今回のプレムービーはやばすぎる。
前回一番がっかりした三騎士が滅茶苦茶強そうだし、それぞれに見せ場が存分にありそうで堪らん。
それと数百回は聴いたであろう、聴きなれた筈の「Einsatz」がこれほどまでに格好良く感じるとは…。
今までのラジオの情報を基に、いろいろと内容に関して想像はしてましたが、
もう完全にいい意味で期待を裏切られ続けている今日この頃。 ・・・これが未知か。

あまりのwktk感に我慢しきれず無印版を再プレイしてしまったしな。
その再プレイで神父の曲の素晴らしさに今頃気付いたり。獣殿の曲よりよっぽどラスボスっぽくていい感じ。
・・・しかし、このwktk感は前回の無印版でも経験していますが、
それ以前でここまで渇望するものは未だ嘗てお目にかかったことがない。
それどころかこの数年、エロゲに関しては発売日にプレイどころか購入すらしていなかったので。
そんな超待望の作品があと少しでプレイできると思うとこれからの一日が非常に長く感じられそうです。


~拍手~

>ディエスパッチが製品版よりやく一週間早くDLできることにケイは堪えられるのか?!乞うご期待!!
そしてクンフトでは無理だろうけどケイルートレアルートで見たい対戦の組み合わせなんかあります?
個人的にはシローvs聖餐杯でドラマCDでのリベンジを果たして欲しいっス

当然パッチで先にプレイしますよ! ・・・と、言いたいところなのですが、
発売日に合わせて休みを調整したため、来週の3連休は全て仕事なんですよね。
残念としか言いようがありませんが、仕事上徹夜はできないので大人しく24日まで待つとします。
ちなみに見たい対戦の組み合わせということですが、一番見たいのは連vs司狼だったり。
まぁこの組み合わせは司狼がラスボスにでもならなければ実現しそうもありませんが。
他ではベイvsシュライバーですね。これは過去に対戦がありますが、
ベイと一時的に共闘という形のシチュで一つ。奪われ続ける運命を超えるベイが是非見てみたい。

>大正野球娘が×になってる…ちょっと残念ですw
今期の新作も大体目を通しましたが、予想していたより視聴継続するものが多かったのがまず誤算。
あとは時間的な余裕のなさから、少しでも合わなかったものは即切りなのですが、
大正野球娘の場合、設定上起伏の少さそうなまったり展開っぽかったので残念ながらアウトでした。


下がる給料、高まるwktk

2009年06月20日 21:20

絶望した。給料明細を見て心の底から絶望した。
なんか先月より8万も下がってるし。これでは新人の頃と変わらないジャマイカ。
まぁ理由は残業時間の大幅カットなのですが、実質仕事内容に変わりはないので
ぶっちゃけサービス残業だけが増えたことに。昨日なんか昼に会社に帰ってIDを切り、
そのまま帰宅どころかマイカーで赤坂まで仕事しに戻ってるしな。
なんでここまで給料を下げるために必死にならねばならないのか。
こんな状況では仕事に対するモチベーションが保てるはずがない。負のスパイラルなのだわ。


Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft- Flashプレムービーver.2公開!




ほんの2分程度でしかないのにプレムービーver.2を見てクンフトへのwktkが止まらない。
このシーンだけでも期待を膨らませるには充分過ぎるほどのものが詰まりまくり。
まずはなんといっても練炭。こんな熱いセリフ無印版では形成(笑)相手にしか言ってないよ!
そしてマリィ。こちらも無印版では空気だったのが、まさかこんな啖呵を切ってくれるとは。
そして何より練炭がザミエルと闘うというシチュエーションが楽しみ過ぎる。
無印版ではこの両者の絡みは全くなかったし、シュライバー曰く、練炭では能力的な問題で
ザミエルには絶対に勝てないと言い切っていたしな。
それに練炭が相手にボコられるのは体験版部分のベイ相手の時のみと、後半見せ場どころか
まともなバトルが一度もなかったからなぁ。いくら魅力的なキャラがいようと所詮脇役は脇役。
バトルものは主人公が活躍しなければ盛り上がらないが持論の俺としては、
まさにこのようなシチュエーションをこそ求めていたので期待をするなというほうが無理というもの。



そしてこちらの獣殿が圧倒的すぎる。
聖遺物の攻撃をその身で受けて無傷どころか素手で破壊ってどんだけ強くなってるんだよ…。
これじゃGユウスケがラインハルトを“様”付けしたくなる気持ちも分かるわ。
しかし、ギロチン破壊はその後のパワーアップフラグだろうし、それを含めて獣殿との最終決戦が
どういった結末を迎えるのか、この異常過ぎる獣殿をどう斃すのかが実に楽しみなのだわ。



~私信~

>どうも、お久しぶりです。
そして、いつの間にか咲-Saki-にハマっているし…。
アニメ版が期待を裏切らない出来でよいです。
竹井部長がよい伊藤静で悪待ちで勝っちゃう辺りもカッコよすぎかと。
 うぃんぐ
うぃんぐ兄貴オッスオッス。
や、咲-Saki- はホント面白いっすね。
俺はアニメからなのですが、原作の雰囲気を忠実に再現していますし。
特に前回の部長の悪待ち和了りシーンは鳥肌ものでしたよ。
それにしても咲-Saki- は魅力的なキャラが多くてホント困る。
原作では池田ととーかが好きなのですが、アニメではくぎゅうパワーで優希と妹尾が可愛すぐる。
あとワハハもなんとなく好きというか、総じて鶴賀のキャラは魅力的ですね。

Dies信者の独り言

2009年05月10日 23:57

『Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-』 が

楽しみで楽しみで楽しみで仕方ない!

前回更新時にすぐさま思いの丈をさらけ出したいところでしたが、次回(今回)もラジオでDiesの情報が
聞けるとのことで、敢えて自粛をしておりましたが・・・、や、この2週間は長かった!
ラジオの更新がこんなに待ち遠しく思ったのなんて初めてなので。
そしてその期待通りの内容に、聞き終えた瞬間、仕事で疲弊しきった心身の疲れも吹っ飛んだのだわ。

以下、前回と今回のラジオでのDiesに関する内容を簡単に抜粋。

・die Wiederkunft は 『再臨』 の意味
・ディレクターが正田からまゆきに変更
・シナリオは着地点は同じだけど過程(6話の戦闘開始から全部)が違う
・CGはシナリオ変更に伴って追加(Gユウスケが自発的に描き足しはじめた)
・音声は全キャラ全セリフ録り直し
・敵が強くなって、主人公側の頑張り具合が変わってる
・シナリオは増えている、1ルートにつき1.5倍くらい
・正田は今はマリィの最終決戦を書いている。香澄ルートは半分くらい
・螢ルートのシナリオは終わっていて玲愛ルートも途中まで進んでいる
・今はdie Wiederkunftに取り掛かっているが終わったら玲愛ルート執筆を再開
・正田がシナリオに詰まるとG.ユウスケの後ろでふしぎなおどりを踊る
・追加パッケージ版(螢ルートと玲愛ルート)はサブタイトル(Dies irae以降)が変わり新OPも追加
・螢ルートには昨夏のドラマCDからベアトリスが登場

・・・とまぁ、大体こんな感じ。 どの情報も期待を膨らますには充分ですが、
なかでも敵・味方ともに強くなっている&螢ルートが完成済みというのは朗報中の朗報!

まず前者ですが、旧Diesについて以前自分は↓のように評しています。
“盛り上がらない上に毎回中途半端に終わる戦闘シーン”
主人公は肝心なところで活躍できず、美味しいところは全て他のキャラクターに持って行かれるので、
主人公に感情移入しているとモヤモヤしたものがどうしても残る。
総じて考えるとバトルシーンで熱かったのはユサシローとベイが絡むものだけ。
そういう意味では主人公はホント存在感がなかった。ユサシローにいいとこ全部持ってかれた感じ。

…戦闘ものである以上、バトルシーンが盛り上がらなければ評価のしようがない。しかも主人公が空気。
この上記の不満点が、“お互いが強い” という発言から解消されることは必定。
正田曰く、勝利フラグ三つでようやく相討ちに持ち込めるレベルだからなぁ…。
無印版でさえ、4人がかり(創造3人&形成1人)でようやく形成位階にさせられる状態だったのに。
いったい獣殿はどれだけ強くなってるのやら。あとOHPで三騎士の位階が不明なのが気になる。
ラジオで凄い強さになってるって言ってたし、まさか流出なのかもと期待せずにはいられない。
あと司狼の位階もまちがいなく創造(展開次第では流出も)まではいくかと。
敵の強さが異常な以上、無印版のように形成のままでどうにかなる筈がないので。 ・・・そして主人公。

“敵キャラにデフレなし(主人公と闘ってるときだけ弱くなることはない)”
“負けた方がショボイという風にはしたくない”
“お互いを強く格好よく見せようとしたら勝負がつかなくなってきた”

という正田の発言から今回は主人公・蓮の活躍が期待できる・・・というか、活躍なしでは話が進まないだろ。
只でさえ異常な強さの獣殿がさらに強くなるのだから、今回は蓮も成長する過程や見せ場がきちんと
描かれていると大いに期待。 …というかラストは司狼と共闘もあるのではないかと想像は膨らむばかり。

そんな感じでマリィ√での獣殿とのラストバトルは非常に期待できそうなのですが、
今度は逆にその獣殿とのバトルが盛り上がりすぎて追加パッケージでの蛍&先輩√が
物足らなくなってしまわないかという、割とどうでもいい不安もあったり。
まぁ、√が変われば展開も変わってくるだろうし、ベアトリスも登場とのことで期待の方が大きいのも
また事実。 …それより既に螢ルートが完成していることの方が嬉しい誤算だったり。
最悪の場合まだ手つかずという状況も考えられ、いつになったら発売するんだと
嘆く破目になるかと思いましたが、これなら新装版からそう間も空かずに発売されそうで何より。
年内までに全ルート統合の完全版まで発売されて欲しいと願わずにはいられない。

そんな、多大な期待と一抹の不安もあったりしますが、とりあえず
新装版では無印版で味わえなかった正田節全開の厨二バトルが存分に堪能できればそれでいい。



それと、どんちゃんの発売前ということで、『さかしき人にみるこころ』 を今更プレイ。
そしてこれが久しぶりに大当たり。 去年TTの比呂美さんのおかげで眼鏡属性ができたのですが、
それとは関係なしに容姿、性格、CVとすべてが完璧にツボだったのだわ。 亜利美かわいいよ亜利美。
その亜利美にアタックする“ええかっこしい”勾坂一重も最近のエロゲでは珍しく魅力的な主人公だった。
そして何より驚いたのがシナリオの良さ。 アレ、このライターって確か嘘屋だったような・・・。
俺の中では噓屋といったら問答無用で逸脱のイメージ。そして逸脱といったら名言 『俺は射精した』 。
そんなわけでエロバカ特化のライターという印象を持っていたので、
本作のようなインテリバカップルを描いた良作学園モノも書けるのだと素直に感心していたり。
低価格ソフトということで尺は短いですが、内容がしっかりしているのでダレずに最後まで一気に読めたし。
久々に良作バカップルゲーを堪能したのだわ。
好きなシーンは結構ありますが、やはりこの亜利美が可愛過ぎて仕方ない。


■拍手

>小遣いが少し増えた!!!・・・落ち着け・・・素数を数えて落ち着くんだ・・・・・
給料が減った! 今月は更に減る! 絶望した!!

>google先生の検索ランに「k-dia」と入力すると・・・・
ん? 何か特別なことでもあるのかな?

>棚町のおへそすごくいいすごくいいすごくいいすごくいい(ry
先月家でアマガミオフをやったのですが、それ以来全く手付かずにてござる。

>Dies完全版の情報、いよいよきましたね!
>コレを聞いたら社会人疲れも吹っ飛ぶってもんですよ。
>今度こそ、の想いを胸に座して待つことにします。 堕落人

“ついに” ですね。一年半この時を待ち続けましたよ。
嬉しさと期待の余り本当に仕事の疲れも吹っ飛びましたからね(笑
今度こそ・・・今度こそ燃えゲ史上最高傑作になると期待。正田ならやってくれる!

ついに・・・

2009年04月25日 01:06



『Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-』




















!!






めでたすぎる

2009年01月03日 21:57

しばらく更新できないでいたらいつの間にか年が明けてしまったのだわ。
まぁ、年末は仕事、新年早々仕事、明日も仕事なので今日は生存報告を兼ねて書きたいことだけ手短に。



祝 ・ 東洋大学箱根駅伝優勝!


や、一OBとして誇らしい限り。
特に今年は昨年の不祥事で出場すら危ぶまれていた中でのこの結果。もう感無量。
残念ながら中継は全く見れませんでしたが、結果を知った時はもう嬉しくて小躍りしてしまいました。
それにしても柏原はホント凄過ぎる…。



そしてもう一つ。


Dies irae 完全版情報!!


以下内容抜粋↓

lightブース公開録音詳細

シナリオは全て正田が執筆
現在マリィカスミ√執筆中
ほぼ終わりらしく、早ければ1月中に音声を収録するとの事
配布はDL形式にするらしく、Dies正規購入ユーザーは
無料でDL出来るとの事

その後にレア螢√を作成
こちらは完成後、Dies正規購入ユーザーには
追加されたシナリオを郵送?で配布予定

ルサルカ√の話は出なかったけど、服部曰く
完全に満足出来る物を作るとの事。
正田もDies発売後にクールダウンを経て、順調に執筆中だとか。

レア螢√+α?の完全版はパッケージで再度発売するらしい。


言ってたのは大体全部かな?
まぁルサルカの中の人が産休とかあるんで、予定通りに進むかは不明だと思う
俺は個人的にもう一度lightを信じてみようかと思う。
俺は空気読まずにDiesの話題が終わった瞬間にブースを去ったんで
もし続きがあったら聞いてないんでスマソw
次のHappy light Cafeで公開すると思うんで
詳しくはそっち参照してくれw

lightはDiesでFateを超えられるかもしれない。




・・・



うぉぉおおおおーーーーーー!!!!!


つ、ついに! ついに待ち焦がれていたDies完全版の情報が!!

フオオオオォォォーーーー!!!!!!!!

嬉しさと期待と興奮の余りwktkが止まらない。間違いなくこの一年で一番嬉しいニュースなので。
そして今度こそ・・・、今度こそ燃えゲー最高傑作になると信じるのだわ。

それまでは、ただひたすら

―――待て、しかして希望せよ




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。